Information
聖剣伝説3プレイ中!

マナの聖剣を手に入れる者は・・・

■世界最大NETSHOP『アマゾン』で購入!―――――――――――
 『ゼノサーガ エピソードIII』 宇宙叙事詩RPG三部作がついに完結!
 『ペルソナ3』 独特な世界を堪能しよう!
 『かまいたちの夜×3』 予約すると15%OFF
 『.hack//G.U. vol.2 君想フ声』 予約すると15%OFF

■Play!GAME!―――――――――――――――――――――――
 SQUARE ENIX 〜聖剣伝説4に期待∞〜
 スーパーホットウェブ 〜続々スパロボシリーズ!!〜
 CAPCOM 〜不朽の名作「魔界村」がPSPに!〜
 バンダイナムコゲームス 〜大人気ゼノサーガシリーズ〜

■アマゾン売れ筋TOP100をチェック!――――――――――――――
 エレクトロニクスInfo: トップセラー100ニューリリースバーゲン
 ALLジャンルゲーム: トップセラー100予約お知らせバーゲン
 Amazon TOP100―全て1時間ごとに更新!

2006年03月14日

一生忘れる事はない名作『ファイナルファンタジーZ』

 誰もが認める名作『ファイナルファンタジーZ』は当時初めてプレイステーションへと移植されたFFシリーズです。その頃は誰しもがこの名作に熱中して楽しんだ事でしょう。今でも私は新しいFFシリーズが製作されるたびにFFZと比較してしまうのが癖になっています。ストーリー・操作性・グラフィック・システムどれを取っても一級品であり、ゲームバランスが非常に整っている点も素晴らしいと思います。非の打ち所がないゲームとはこのことではないでしょうか。

■ストーリー
 巨大企業・新羅が支配する魔晄都市で、反乱グループの手により、壱番魔晄炉が爆破された。そのグループの名はアバランチ。星の生命・魔晄エネルギーを吸い取り、自然を破壊する新羅に反抗するため、秘密裏に結成された集団だ。過去ソルジャーとして新羅で活躍したクラウドも、今回の爆破作戦に加わっていた。あまりにも強大な敵・新羅に対し、はたしてクラウドたちは、滅びゆく生命を救うことができるのか!?
ファイナルファンタジーZリメイクオープニング
エメラルドウェポン最短撃破ムービー

 また、ゲームサウンドも最高だったので当時始めて買ったゲームサントラがFFZでしたね。今でも時々車の中で聞いています。ゲームをプレイして一番印象的なのがセフィロスによって殺められたエアリスをクラウドが泉に沈めていくシーンですね。他にもカッコいいシーンやアグレッシブなシーンがあるのですが、やはりこのシーンですよ。プレイ経験がある方なら誰しもが覚えているでしょうからね。

 FFZは今でも健在です。ヴィンセントを主人公とした『ダージュオブケルベロス』や『アドベントチルドレン』など派生製品も人気ですからね。プレイした事がない方もFFZの根源はこのゲームにあり!というほどオススメですのでプレイしてみてください。あ〜、この記事を書いているとFFZをプレイしたいリミットレベルが高まっていきそうですよ〜。

PS売れ筋トップ100

ゲーム全般 - ゲーム
posted by マイロ at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!プレステ1記

2006年02月23日

荒野の傑作『ワイルドアームズ』

 この『ワイルドアームズ』の評価は今も昔も高かったですね。私自身も幾度もプレイしました。ゲームの難易度もやや高めで、やり込み要素も沢山あるため、いつまでも楽しめる作品です。ストーリーは進んでいくたびに、プレーヤを引き付け、主人公ロディの真実や過去のシーンは衝撃と感動の連続でした。つまり、シナリオとシステムのバランスのいいということですね。

■ストーリー
 ガーディアンの庇護のもと、緑あふれる豊かな大地であった世界、ファルガイア。だが、鋼の身体を持つという魔族の突然の侵攻によって、ガーディアンの力は失われ、緑はつぎつぎと姿を消し、草原の多くは荒野と化していった・・・・・・。
 それから1000年後。かつてのファルガイアとは異なるものの、人々は荒野の中で新たな文明をつくりだしていた。だが、世界は不吉な暗雲にふたたび覆われようとしていた。伝説となっていた魔族が復活し、ファルガイアを我がものにしようと、機会をうかがっていたのだ!ここに数奇な運命により、世界の未来を背負って立つ3人の若者がいる。お互いの存在と己の行く末を知らぬまま、それぞれの旅立ちを果たそうとしていた・・・・・。
 いま、荒野と化した世界で、運命の輪がまわり始める!

オープニングムービー

 仲間は3人なのですが、通常操作も戦闘でも個性豊かな攻撃や能力を持っているので非常に楽しめます。中でもロディが使用する機会兵器「アーム」がカッコよかったです。この「アーム」は改造できるのですが、当時は結構改造して攻撃力を最高にまで上昇させたことを覚えています。最後のダンジョンなんかは、かなり難しかった記憶があるのですが、今プレイしても絶対楽しめると思います。

PS売れ筋トップ100

ゲーム全般 - ゲーム
posted by マイロ at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!プレステ1記

2006年02月11日

10億年の野望が今…『パラサイト・イヴ』

 このゲームは映画のような印象を受けます。ストーリーもリアリティを追求してあり、映像や表現が非常にグロテスクです。だからこそ、面白かったんですよね。NYを舞台に繰り広げられるサイコサスペンスなのですが、PSと言えど大変完成度の高い街を表現できています。1998年3月29日の当時のスクウェアが最盛期の時に発売されたのですが、さすが!と言うべき傑作です。

パラサイト・イヴ
■ストーリー
 ヒトや動物の細胞質にあるミトコンドリア。それが10億年の遥か昔から「人間を乗っ取る日」を密かに待ち続けていたのだとしたら…。奇抜、かつ斬新なアイディアでありながら、医学的根拠に基づいた独自の理論を展開し、大ベストセラーとなった、瀬名秀明氏著『パラサイト・イヴ』。同原作の持つ独特の世界観に基づきながらも、本作は舞台を東京から現在のニューヨーク市マンハッタン島に移行、登場人物も一新されたゲーム版完全オリジナルストーリー。


 今プレイしても十分に楽しめると思います。私はクライマックスの最後のボスから逃げる所を覚えています。あれは怖かったですね。知っている方はわかると思いますが、スチームのバルブを捻らないとボスがめちゃ速く追っかけてくるんですよね。バイオハザードとはまた違う怖さを味わう事ができます。

 それに銃の種類も豊富で、銃好きの私としてはうれしかったです。しかも、ステータス異常効果のある弾などをカスタマイズできたり、私はショットガン系が好きでした。特にS12は使っていました。ジャンルはアドベンチャーRPGとなっていまして、銃やホラーが好きな方はプレイした方がいいです。絶対、ハマりますよ。

PS売れ筋トップ100

ゲーム全般 - ゲーム
posted by マイロ at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!プレステ1記

2006年01月22日

真実と歴史を解き明かす『ベイグラントストーリー』

 この『ベイグラントストーリー』はストーリーと雰囲気が好かったです。ストーリーは全体的に暗いもので、政治と策略が錯誤し、主人公アシュレイが事の真相を解き明かしていくものです。アクションゲームとしては難易度はやや高めでした。敵が結構強いんですよね。特にドラゴン系のボスは毎回ギリギリでした。

 そして、ダンジョンのトリックや謎がよくできていました。ダンジョンのグラフィックも自然とゲームの世界へ導いてくれる雰囲気を持っています。それから、ダンジョンをクリアするためのアビリティなんかをうまく使わないと進めないんですよねぇ。戦闘もダンジョンも頭を使うゲームでした。

■Amazon.co.jpレビュー
 ゲームの特徴は、アクション要素を含んだ戦闘にある。武器や防具は使用すればするだけ鍛えられるようになっていて、当然使い込めばより強い攻撃や防御ができるようになっている。また、腕や脚といった体の各パーツにパラメータがあり、敵にやられた部位によって能力変化が起こる。たとえば、脚に怪我をすると移動が遅くなったり。どの武器を使っていくか、どういう戦い方をしていくかを、考えながら戦っていくところに面白みのある作品だ。
 物語は、大地震で滅んだ大魔導師メレンカンプが築きあげた、魔都レアモンデが舞台となっている。主人公アシュレイはリスクブレイカーとよばれる敏腕エージェントで、彼はある犯罪者を追ってこの都市にやってくるが、そこには見たこともないモンスターが待っている。この都市に眠る「遺産」を巡り、繰り広げられるさまざまな人間模様…。シリアスなロールプレイングをじっくりやってみたい人におすすめである。


 今プレイしても十分に楽しめるでしょうね。クライマックスはすごいものでした。私は結構シドニーのキャラがお気に入りでした。最後は背中の紋章を剥されたりしたのですが。今となっては、当時スクウェアさんが発売したRPG性を取り入れたアクションゲームとして、非常に貴重なゲームです。でも、プレイするときはのめり込む必要があるので、半月くらい集中してプレイしたほうがいいでしょうね。


ゲーム全般 - ゲーム
posted by マイロ at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!プレステ1記

2006年01月17日

テイルズシリーズ上々作品『テイルズ オブ エターニア』

 テイルズシリーズのお気に入りランキングを付けるなら、1位はファンタジアで2位はやはりエターニアですね。ファンタジアの後デスティニーをプレイして、ちょっと落ちたかな?と思ったのですが、次のエターニアで上々でした。全体的に完成されたストーリーでダンジョンもストレスを感じさせない出来上がりとなっていました。

 何しろそれぞれのキャラがよかったです。特にリッドはいいキャラしてましたよ〜。しかも、ラスボスはめちゃカッコよかったですね。あの光を放つ姿は見物です。最後にあのような隠し玉を用意しているとは思ってませんでした。

■Amazon.co.jpレビュー■
 個性あふれる7人の冒険者が運命に導かれ、やがて心をひとつにして共に旅をする。地上と天上に分かれたストーリー展開がウリでもある。
 テイルズシリーズの特徴ともいえる「リニアモーションバトル」は、本作でも採用。プレイヤーは主人公キャラを操作し、味方はAIがコマンドを選択してくれる。また完全なリアルタイムバトルで、攻撃方法を瞬時に判断するスリル満点のプレイを楽しめる。


 戦闘システムも戦っていて爽快です。コンボが決まった時は最高にいい気分でした。流れるような戦い方で、仲間のサポートもちょ〜どいいように加勢してくれてストレスは一切感じなかったですねぇ。『テイルズ オブ エターニア』はストレスを与えないようにうまく作っている作品です。全クリ後には爽快な気分と感動を浴びる事は間違いなしです。


ゲーム全般 - ゲーム
posted by マイロ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!プレステ1記

2006年01月11日

栄光の傑作『ファイナルファンタジータクティクス』

 このゲームをプレイしてゲームの評価が低いと言うのは聞いた事がありませんねぇ。まぁ、『タクティクスオウガ』と比べる方もいますが。私もこれまでプレイしたゲームの中でお気に入りランキング5位以内には確実に入ってます。そして何よりミュージックは一級品です!もうそうですねぇ、5回以上はプレイしてますね。やり込み要素が多かったのが特徴ですから。召喚魔法「ゾディアーク」でしたっけ?これをラーニングしにディーブダンジョンを進んでいった事をよく覚えています。

 あっ、今日この『ファイナルファンタジータクティクス』を書こうと思ったのは『ファイナルファンタジーXII』の世界がイヴァリースだったからです。話を戻しますが、ジョブシステムはかなりよかったです。これまでのFFシリーズでもジョブシステムはあったのですが、このFFTでは特にやり込んで、全てのジョブを出しましたねぇ。見習い戦士からものまね士まで。

■Amazonレビュー■
 シミュレーションRPGの名作『伝説のオウガバトル』や『タクティクスオウガ』でゲーム界に名を馳せたゲームクリエイター、松野泰己。彼お得意のシミュレーションRPGの文法を用いて、もうひとつの「FF」の世界を作り送りあげたのが、「ファイナルファンタジー タクティクス」だ。
 その昔、大国イヴァリースで起こった「獅子戦争」。その熾烈を極めた戦いは、英雄王ディリータによって終結したと語られていたが、長い年月の間、隠ぺいされていた書物には真の英雄、ラムザの存在が記されていた…。本タイトルでは、ふたりの青年の対称的な生きざまを描いた長編ストーリーが語られる。


 お気に入りのキャラは主人公ラムザの兄ザルバックですね。真の騎士たるは何ぞやという事をシンシンと感じさせてくれました。そして、シド(オルランドゥ伯)も良かったです。プレイした人は分かると思いますが、シドはずば抜けて強い!かなり最後のダンジョンでは活躍してくれました。
■フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)『ファイナルファンタジータクティクス』■

 『ファイナルファンタジータクティクス』では主人公ラムザは最後死んだ?かどうか分からないのですが、スクウェア・エニックスさんには是非続編を作ってもらいたいです。松野泰己さん!どうかお願いします。そして、次回作ではシナリオ分岐というのもいいんじゃないでしょうか?


ゲーム全般 - ゲーム
posted by マイロ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!プレステ1記

2005年10月23日

『クロノクロス』を振り返ってみて研究。

 『クロノ・クロス』を今振り返ってみると、かなりやり込んだゲームですね。グラフィックが綺麗でデザインも超いい感じです。一番惹かれたのは、伏線が張られていて良くできたシナリオでした。ストーリーは1回クリアしたぐらいじゃ理解できない所など、実に興味深かったですね。

 それになんと言っても、音楽が最高にいいんです。これほどゲームを引き立ててくれるサウンドは素晴らしいですね。今でも、パソコンでゲーム音楽を聴いています。ちなみに私は「Time's Grasslands - Home World」がお気に入りです。ギターの音となんとも言えない曲の滑らかさがGOOD!です。

 やり込んだと言えば、仲間を全て集めることでしょう。確か3周くらいしないと全員集まらなかったんですよね。ここでとてもいい機能といったら、早送りでしょうね。これは重宝しました。2周目以降は非常にスムーズにプレイできました。お気に入りのキャラはグレンとツクヨミです。

PS one Books クロノクロス(新品)

 『クロノ・クロス』はスーパーファミコンで250万本以上を記録した『クロノ・トリガー』の続編として1999・11月に発売されました。舞台となる世界は『クロノ・トリガー』の世界から20・後のパラレルワールドです。


クロノクロスファンランキングをチェック!
posted by マイロ at 15:06 | Comment(1) | TrackBack(2) | 研究!プレステ1記

2005年10月06日

最高のストーリー深み度傑作「ゼノギアス」!

 この作品は正直驚かされました。ストーリーや音楽、キャラクターの掘り下げなど、すべての面において他のRPGを凌駕しています。PSの作品なのでビジュアル的には損をしている気がしますが、世界観的に完成度が高く非常にのめり込み度が高いです。飽きさせないストーリー展開や、謎と伏線も目一杯あります。

 DISC2はクライマックスの濃密なストーリを消化するために、ゲームという演出を捨てて、ひたすらテキストと映像を追っていくという作品。純粋にRPGしたい人よりも、世界観にどっぷりヒタリたい人向けと言えるかもしれません。でもゼノギアスをやってからその雰囲気を期待してゼノサーガをやった人は落胆したかもしれませんね。

 この「ゼノギアス」は幾度となくプレーしました。おそらく大抵の人が一回クリアしただけでは、物語全てを把握することはないでしょう。それくらいストーリーに奥が深く、面白い作品でした。

 しかも、音楽がとてもいい!神秘的な音楽から、壮大な演奏まですぐに気に入りました。プレーした方は分かってくれると思います。一番すきなのはイドのテーマ曲です。

≪中古プレイステーション≫ゼノギアス(説明書なし)ゲ−ムサントラ/ゼノギアス



ゼノギアス大好きランキングをチェック!
posted by マイロ at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!プレステ1記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。