Information
聖剣伝説3プレイ中!

マナの聖剣を手に入れる者は・・・

■世界最大NETSHOP『アマゾン』で購入!―――――――――――
 『ゼノサーガ エピソードIII』 宇宙叙事詩RPG三部作がついに完結!
 『ペルソナ3』 独特な世界を堪能しよう!
 『かまいたちの夜×3』 予約すると15%OFF
 『.hack//G.U. vol.2 君想フ声』 予約すると15%OFF

■Play!GAME!―――――――――――――――――――――――
 SQUARE ENIX 〜聖剣伝説4に期待∞〜
 スーパーホットウェブ 〜続々スパロボシリーズ!!〜
 CAPCOM 〜不朽の名作「魔界村」がPSPに!〜
 バンダイナムコゲームス 〜大人気ゼノサーガシリーズ〜

■アマゾン売れ筋TOP100をチェック!――――――――――――――
 エレクトロニクスInfo: トップセラー100ニューリリースバーゲン
 ALLジャンルゲーム: トップセラー100予約お知らせバーゲン
 Amazon TOP100―全て1時間ごとに更新!

2006年02月15日

伝説のRPGを忘れない『聖剣伝説2』

 『聖剣伝説2』は同時衝撃の面白さでした。アクションRPGの傑作中の傑作です。また、ミュージックも超一流で、特にオープニングの曲は大好きです。ストーリー的には結構シンプルなのですが、内容が充実しており、聖剣の世界へとプレーヤーを導いてくれます。同時はおそらく3回はやり込みました。

聖剣伝説2

■プロローグ
 はるかな昔・・・・。マナの力によって進化した文明が地上に栄えていた。やがて人々はマナの力を戦争に利用するようになり、マナの要塞と呼ばれる巨大な船を生んだ。しかし、あまりに強大なその力は神々の怒りに触れ神獣が地上へとつかわされた要塞と神獣の激しい戦いが世界を炎と毒でつつみ、地上からはマナが失われていった。
 その時、聖剣をたずさえた勇者によって、要塞は落とされ、神獣も人々の前から姿を消した。戦争によって文明は失われたが、世界には、ふたたび平和が戻った・・・。時は流れ・・・・。歴史はくりかえす・・・・。


 武器の種類が沢山あったのもよかったですね。私は鞭がお気に入りでした。それに、ポポイの魔法も結構強力で、ビジュアル的にもカッコよかったです。こういうシステムに関しても、今のアクションRPGはかないませんね。バグなどもありましたが、面白さに比べると取るに足りないことです。そして、エンディングの演出や内容がとても良かったです。結構グッときましたね。やはり、聖剣シリーズをプレイするなら、絶対この聖剣2からです。私たちの年代なら少なからずこの意味が分かってもらえると思います。

スーファミ売れ筋トップ100

ファミコン全般 - ゲーム
posted by マイロ at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 研究!レトロゲーム記

2005年12月28日

当時はやり込んで×2やり込んだRPG『ライブアライブ』

 あ〜、この『ライブアライブ』は思いで深いゲームですねぇ。友達と一緒にかなりやり込みました。知っている方はかなり知っていると思うのですが、各時代の主人公を時代を選んでクリアしていくRPGです。私の周りではほとんどの人がやり込んでいました。まぁ、やり込み要素が満載でしたからね。

『ライブアライブ』シナリオ選択

 そして、最もやり込める時代が「幕末」編ですね。主人公はおぼろ丸でやり込み要素は、
・隠しボス「魔神竜之介」から「ムラマサ」取得
・100人切り
・0人切り
・カラクリ丸
・隠しボス「岩間さま」から「水神のウロコ」取得
・隠し部屋で「コイツぁタマゲタ」取得
・腰元から「腰元のおび」「いんろう」取得
などなど沢山ありました。中でも「魔神竜之介」はすごい強かった気がします。

 また、最も記憶に残っているストーリーはやはり「中世」編です。オルステッドがかわいそうでした。もう闇のストーリーでしたね。あっ、「SF」編もよかったです。また違う恐怖を味わう事ができましたからね。このゲームはもちろんスーファミですからCGもないのですが、的確にプレイヤーをゲームへと引きずり込む特徴があったような気がします。

 あ”〜、『ロマサガ3』が終わって『聖剣3』か『ライブアライブ』にするか迷ってきたなぁ〜。やっぱり、昔のゲームもいいものですねぇ。現代の小学生たちにこのドットの世界に存在するゲームを知ってもらいたい!そして、良さを広めてもらいたい!


ファミコン全般 - ゲーム
posted by マイロ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!レトロゲーム記

2005年12月24日

『ゲームセンターCX DVD-BOX』の発売に昇天!

 ついに!ついに!ついに昨日の12月23日発売でした。念願の『ゲームセンターCX』のDVDです。この番組ファンが熱望し、公式ウェブの掲示板にDVD化への投票を集いやっと叶えられました。まぁ、このブログを作ったキッカケもこの『ゲームセンターCX』のナビゲーター有野さんリスペクトから作成しましたからね。

 あの涙と感動を今一度体感できるなんてホント昇天物ですね(鼻血出そう)。レトロゲームのエンディングへいざなうために、有野さんを含めた少数精鋭のパーティーで製作された『ゲームセンターCX』ですが、これからも非常に興味をそそられます。しかしながらCS放送を見れないので、たまにある地上波放送か、書籍で見るしかなかったのですが、これでこれから毎日DVDで楽しむ事ができます。

■Amazonレビュー■
 CS放送フジテレビ721/地上波フジテレビで話題沸騰の究極ゲームバラエティー番組をDVD化!クリア困難な伝説のゲームの数々に有野氏(よゐこ)が果敢に挑む!苦闘の末、幻のエンディングがついに明らかに!
 初代ファミコン世代もうならせる究極のゲームバラエティーとしてCS放送フジテレビ721にて2003年11月番組スタート。有野氏(よゐこ)が懐かしの名作ソフトの全面クリアに挑戦する人気コーナー「有野の挑戦」を中心として新旧ゲームファンの熱烈な支持を受けながら放送シーズンを重ねる。DVD化にあたっては「有野の挑戦」を中心に構成。
【収録内容】
DISC 1:有野の挑戦『スターフォース(高橋名人登場)/スーパーマリオブラザーズ2/アトランチスの謎/魔界村』/特典映像:有野の挑戦『コンボイの謎』[新撮影・TV未放送]
DISC 2:有野の挑戦『プリンス オブ ペルシャ/スーパーマリオブラザーズ3』/たまに行くならこんなゲームセンター/特典映像:とっておき秘蔵映像集「有野のリアクション」[TV未放送]
【封入特典】
ゲームセンターCX解説書/特製・有野氏名刺


最終ステージに苦戦したマリオ3

 先ほど早速DVDを注文しました。価格は6500円ほどでした。DVDのボックスデザインもファミコンを描いたものとなっており、センスもバッチリですね。封入特典の「有野氏名刺」は永久に私の宝物となるでしょう。


テレビ全般 - テレビ
posted by マイロ at 00:20 | Comment(2) | TrackBack(1) | 研究!レトロゲーム記

2005年12月04日

当時のスクウェア作品『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』

 『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』は1992年の12月19日に発売されたスクウェアのシミュレーションゲームですね。いやっ、爆笑シミュレーションです。スクウェアもこんな時代があったのです。しかし、単純なシミュレーションでしたが、笑いの要素はピカイチでした。

半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!

 あっ、最初に歴史についてちょっと説明しておきましょうかね。今年もシリーズが発売されたのですが、結構古いんですよ。
 ・1988年「半熟英雄」(FC)
 ・1992年「半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!」(SFC)
 ・2002年「半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!」(WSC)
 ・2003年「半熟英雄 対 3D」(PS2)
 ・2005年「エッグモンスターHERO」(NintendoDS)
 ・2005年「半熟英雄4 〜7人の半熟英雄〜」(PS2)
ん!気づいてみればWSCとNintendoDS以外買ってるじゃないですか。まぁ、そのなかでも『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』が一番思い出深いですね。

■半熟英雄公式ウェブサイト■

 王子のアホぶりと大臣の苦悩、笑いを取るために生まれたエッグモンスターが非常に笑いをそそりました。ストーリーはアホ王子率いる半熟軍と敵の完熟軍との戦いです。敵ながらいいキャラしているボスを送り込んでくるんですよねぇ。

 私が大変気に入っていたエッグモンスターは「ハーデス」「ハデデス」「エッグマン」です。「ハーデス」はまさに最強のエッグモンスターで、最後の戦いでは非常にお世話になりました。そして、その「ハーデス」のまがい物「ハデデス」は派手な「ハーデス」ってだけで、そんなに強くなく笑えました。

 そして、一番のお気に入りは「エッグマン」ですね。キック・パンチともに攻撃力1で、ダメージを食らうと、たちどころに負けてしまいます。ここが良かったなぁ。あ〜、今でもあの召喚のときのミュージックが聞こえてきます。


ファミコン全般 - ゲーム
posted by マイロ at 17:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 研究!レトロゲーム記

2005年11月09日

テイルズシリーズの根源に浸る自分。

 今最もアグレッシブに製作・販売されているシリーズじゃないでしょうか?当時の私は発売されて即買いました。そして、初めてプレイした時は鳥肌が立ちました。今までプレイした事のないRPGで、会話に出てくる「?」や汗などミクロのイベントまで丁寧に作られた傑作だと思います。

 中でも、お馴染みのリニアモーションバトルです。このシステムでは必殺技を出す時には射程距離を考える必要があり、より戦略性が要求される所がとてもよかったです。この距離はスーファミ版しかなかったんですよね。そして、戦闘中はキャラがバンバン喋って飽きの来ない戦闘システムでした。

≪中古スーファミ≫ テイルズ オブ ファンタジア(箱いたみ)

 また、やり込み要素が多いのが特徴でした。クライマックスの辺りで、いろいろ各地を転々とする事で、隠し精霊がいたり、ねこにんの村が出現したりと最後まで楽しめましたねぇ。特に、モーリア坑道でしたっけ?ココがめちゃめちゃ敵が強いんですよ。最終ダンジョンにいく前に、かなり頑張って攻略しました。今考えても、あの時は大変頑張りました。

オープニングシーン

 個人的にはチェスターがお気に入りでしたね。最初と最後しか仲間にならないのですが、とても印象深かったです。まぁ、私の特徴としては新しいゲームは批評する点があるのですが、昔のゲームはいい所ばかりしか思い出にないと言いますか、完成されているといいますか、高評価の記事しか書けないんですよねぇ。

 まぁ、それはさておき、これからのテイルズシリーズに期待大です。個人的にはエターニアの続編が出て欲しいですね。


テイルズシリーズファンランキングをチェック!
posted by マイロ at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究!レトロゲーム記

2005年11月05日

何度クリアしても飽きない名作『スーパーマリオRPG』。

 『スーパーマリオRPG』はマリオシリーズの中で最初のRPGです。製作は任天堂とスクウェアーが組んだ移植の作品です。今までのアクションのマリオの世界観やストーリーはそのままで、アクションストーリーの延長線上にRPG要素やオリジナル要素を加えたような感じですね。

 この『スーパーマリオRPG』はスーファミ作品の中で5本の指に入るほど名作でした。キャラクターが面白い・楽しいし、更に戦闘システムにもマリオらしくアクションが搭載されていて、連打やレバガチャ、タイミングなど様々なシステムが組み込まれています。何しろ、仲間にクッパやピーチのお馴染みメンバーと新しいジーノやマロと、それぞれ個性が出ていて親しみがありました。

 それと、マリオとの会話や小イベントでのギャグやシュールな笑いを取り得れたところがちょっと笑えました。そして、世界中に数多の大小のイベント、隠しアイテム、ミニゲーム・・・。これは全クリしただけでは語れません。フィールドではマリオらしさがあって、ジャンプや足場に乗り継いだりブロックをパンチしたりとお馴染みでしたよね。

≪中古SFCソフト≫スーパーマリオRPG【完品】

 ストーリーとは離れていましたが、クリスタラーは強かったですねぇ。ラスボスより格段に強かったです。当時は何度も負けてしまって、かなり苦戦しました。しかし、私が編み出した戦闘術なのですが、まずピーチにヒマンパタこうらを装備させます。すると、ピーチが戦闘不能になるのは避けられます。そして、他のパーティはだれでもいいのですが、2とも死ぬまで戦わせます。そして戦闘不能になると、ピーチの戦闘不能から蘇らせる魔法でタイミングよく、Yを押して全回復させます。これで完璧です。

 あ”〜、またプレイしたくなった〜!ヨッシーレースがすごいやりたいです。


マリオRPGファンランキングをチェック!

posted by マイロ at 16:04 | Comment(7) | TrackBack(1) | 研究!レトロゲーム記

2005年10月06日

あのゲームは決して忘れない。名作「クロノトリガー」!

 こんなに面白いゲームは他になかったです。堀井氏、坂口氏、鳥山明氏の共演で話題をよびましたが、内容も名前負けしていません。完全に期待に応えた形の珠玉の作品。ストーリー、サウンド、世界観が素晴らしい。極めつけは鳥山明のデザインしたキャラクターに生命をふき込んだと言うべき、個性的な主人公達・・・。現在のゲームに比べればシンプルですが、それがこのゲームには似合います。テンポ良く進み、作業感もなく、煩わしいエンカウントもありません。

 児童文学にも匹敵するようなファンタジーの素晴らしさ、感動、また、人間味あふれる友情。当時、このゲームをプレイできた人は幸せです。今やっても楽しめるとは思いますが、当時の人が受けたような感動は味わえないでしょうね。まさに、RPG史上最高!の傑作の一つだと思います。

【税込・中古】クロノトリガー SFC 完品


クロノトリガーファンのランキングをチェック!
posted by マイロ at 09:58 | TrackBack(0) | 研究!レトロゲーム記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。