Information
聖剣伝説3プレイ中!

マナの聖剣を手に入れる者は・・・

■世界最大NETSHOP『アマゾン』で購入!―――――――――――
 『ゼノサーガ エピソードIII』 宇宙叙事詩RPG三部作がついに完結!
 『ペルソナ3』 独特な世界を堪能しよう!
 『かまいたちの夜×3』 予約すると15%OFF
 『.hack//G.U. vol.2 君想フ声』 予約すると15%OFF

■Play!GAME!―――――――――――――――――――――――
 SQUARE ENIX 〜聖剣伝説4に期待∞〜
 スーパーホットウェブ 〜続々スパロボシリーズ!!〜
 CAPCOM 〜不朽の名作「魔界村」がPSPに!〜
 バンダイナムコゲームス 〜大人気ゼノサーガシリーズ〜

■アマゾン売れ筋TOP100をチェック!――――――――――――――
 エレクトロニクスInfo: トップセラー100ニューリリースバーゲン
 ALLジャンルゲーム: トップセラー100予約お知らせバーゲン
 Amazon TOP100―全て1時間ごとに更新!

2005年12月07日

『ローグギャラクシー』いよいよ明日発売!あ〜、顔がニヤけてくる。

 やっと、やっと、やっと『ローグギャラクシー』が明日発売です。この発売前の研究記事も今日で最後となりました。予約しているので明日コンビニへ受け取りに行きます。私はRPGを全クリアするまで、ネットの攻略情報やゲーム評価などは絶対に見ないので、ここの記事にも書きませんのでご了承ください(熱中しますので)。

 やはり、最後は戦闘システムについて考えてみようと思います。プロモーションや説明書きを見てみると、『ローグギャラクシー』の戦闘システムはアクション性が取り入れられているようですねぇ。

『ローグギャラクシー』公式HPより参照
 斬る・撃つ・飛ぶ・遠隔攻撃・・・戦闘はすべて簡単なアクション操作で楽しめる。さらに随所で挿入される迫力の必殺技シーン、仲間との連携技など、リアルタイムで戦闘する緊張感・臨場感が味わえる。またキャラクターによって、攻撃の特性もあり、プレイヤーが任意で操作するキャラクターを変更することも可能だ。 また大きな特長として、自分が操作していないキャラクターは個々独自の思考をもち、考えながら戦闘・移動していることが挙げられる。
 戦闘・移動を問わず、絶えず喋りかけてくるキャラクター、戦況に応じて、技やアイテムの使用を提案してきたり、プレイヤーは、まさに「生きた仲間との冒険」をそこに感じ取ることができる。


 う〜、やはり説明や映像だけではアクション性の自由度みたいなものが見受けられませんねぇ。実際にプレイしてみない事には。あ〜、明日プレイできると思うと顔がニヤけてくる。それはそうと、アクションの入力は簡単なボタン操作でできるらしいのです。

 私の経験から言うと、アクション性を求めると画面が見づらくなるという事ですが、そうならないように期待しています。それに仲間のAIがどれほど戦闘に干渉してくるかですね。細かい設定があると、結構楽しめると思います。

 まぁ、いろいろ書きましたが、明日はかなり期待してプレイしようと思います。当日に手元に来る方々!Let's Play!


PS2全般 - ゲーム

2005年12月03日

『ローグギャラクシー』にミニゲーム「ムシ○○グ」搭載!?

 『ローグギャラクシー』の公式HPにはなかったのですが、ゲームの情報サイトにサブシステムの事について記載されていました。サブシステムと言いますかミニゲームですね。何やら"インセクター"と呼ばれる虫を戦わせる競技大会があるらしいのです。

 こっ、これは今少年たちが夢中になっている「ムシ○○グ」ではないのか!?まぁ、流行を取り入れる事はいいことですから良しとしましょう。ロマサガ3のトレードなどゲーム中のミニゲームが結構面白い事もありますしね。

 このミニゲームのシステムは各地で採取できるインセクターを育てて、大会での優勝を目指すものだそうです。配合や育成なんかもあるそうで熱心に育てると、野性のインセクターを超えるすごい個体が誕生する可能性が発生するらしいのです。こっ、これは一昔前の「ポケ○ン」!・・・もういいって。

 勝利の報酬はレアアイテムなどだそうです。登場するインセクターは1000種類以上で、採取カゴにエサを入れ、フィールドに設置して捕獲するらしいです。まぁ、ミニゲームはミニゲームとして、本筋のゲームに支障をきたさないように、軽いものの方がいいと思うのですが、それはそれでいいと思います。結構面白そうですしね。


PS2全般 - ゲーム

2005年12月01日

『ローグギャラクシー』キャラごとの武器は2個!?

 12月に入り『ローグギャラクシー』のCMも頻繁に放送されるようになり、発売まであと一週間となりました。先ほど『ローグギャラクシー』公式HPの戦闘カテゴリを見ると、なんと各キャラクターが所持する事ができる武器は2種類あって、その武器を使い分けて戦闘を行うらしいのです。こういうシステムはこれまでのゲームでは・・・、『ヴァルキリープロファイル』かな?

 それはそうと、戦闘時には状況に応じた武器の選択とキャラの組み合わせや必殺技とのコンボなんかも重要になってきそうですねぇ。現在公表されている武器の組み合わせは、

「ジェスター・ローグ」‥‥剣/銃
「キサラ」‥‥‥‥‥‥‥‥ナイフ/ブーツ(キック)
「ゼグラム」‥‥‥‥‥‥‥剣/手裏剣
「ルルカ・ライザ」‥‥‥‥弓/ナタ

っとなっています。「ジェスター・ローグ」は剣と銃なんて、『デビルメイクライ』のダンテみたいですね。ダンテのように剣⇒銃、銃⇒剣の華麗なコンボ技なんかを見れるのでしょうか。自分としてもやはり剣と銃の組み合わせがお気に入りです。

 そして、武器を鍛えていく成長システムも導入しているらしいのです。ここで思うのですが、RPGでキャラや武器のレベルがすぐに上がるゲームとなかなか上がらないゲームがありますが、このどちらも物語的には冷めてしまうんですよねぇ。とても面白いゲームはこのレベルの上げ具合が丁度いいんですよね。

 こういう微妙な要素が意外と大事なような気がするんですよ。『ローグギャラクシー』はどうなっているのでしょうかねぇ。


PS2全般 - ゲーム




2005年11月26日

『ローグギャラクシー』の「完全シームレス」システムとは?

 今日はゲームシステムに関して検証してみたいと思います。今回のゲームシステムで特に重要な要素は「完全シームレス」ですね。これは今までPS2やPSにあったRPGならではの画面が変わるとき、次の画面が表示されるまでのブランク、つまりローディングがなくなるというものです。これによって、よりスムーズに冒険へと入り込めると思いますね。すごいシステムです。

 これはプログラムの改善によるものなのでしょうか?いや、PS2の性能を引き出したのか?う〜ん、どちらにせよ製作者の努力でしょうね。プレイヤーとしては非常にありがたい事です。

 まぁ、2DのスーファミRPGみたいに画面がすぐに変わるのが、今度は3Dで実現させるのですから、製作側のこの『ローグギャラクシー』へのこだわりみたいなのが伺えます。そして、製作会社のレベルファイブでは以下のように述べています。

『ローグギャラクシー』公式HPより参照
 戦闘・移動・イベント・システム、様々な要素で形成されるRPGにおいて、最も重要なことは、そのすべてで「いかに世界に没入」出来るかが鍵となる。ゲームという枠を超えるなら「体験」。
 プレイヤーが「ゲームをした」ではなく、「世界を体験した」という読後感をもつには?
『ローグギャラクシー』には、これを可能にした様々なアイディアが詰め込まれている。そして、特筆すべきは、今回紹介している全要素すべて、完全シームレス(体感ローディング一切無し)で展開するのである。


 これぞRPGのステップアップって感じですよね。ローディング時間があると、そこだけちょっと冷めてしまいますからね。はやく『ローグギャラクシー』を「体験」してみたいです。


PS2全般 - ゲーム

2005年11月22日

『ローグギャラクシー』グラフィックを研究。

 来月の8日に先駆けて『ローグギャラクシー』も研究していこうと思います。まずはそうですねぇ、特徴的なグラフィックについて考えていきましょうか。すでにCMでご覧になった方は分かると思いますが、CGはとても繊細で人の皮膚の滑らかさも非常にキレイです。まぁ、これは今の技術なら当然のことなのでしょうが。

 注目するところと言えば、通常画面での人物表示に使われているトゥーンシェードという技術ですね。この技術はあの『ANIMATRIX』にも使われている比較的新しいものです。もちろんゲームでは『ドラゴンクエストVIII』に使われていますよね。

 どのような技術かと言うと、極端に強調された陰影付けであり、通常は滑らかに変化する陰影を2色や3色で段階的に表現するものです。簡単に言うと、人物の縁(エッジ)と背景の境目にクッキリと太い線を入れてあげるというものですね。百聞は一見にしかずということで、レベルファイブの『ローグギャラクシー』の紹介ページにスクリーンショットがあります。

 スクリーンショットを見ると分かるとおり、2Dと3Dの融合のような感じを受けます。背景も絶品ですね。こういうグラフィック大好物です。もうプレイが待ちきれませんよ〜。


PS2全般 - ゲーム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。